FSC®(Forest Stewardship council®)森林認証とは
認証基準は、 環境保全への配慮、社会的便益への奉仕、
経済的に持続可能な経営
FSC(Forest Stewardship council)は、破壊的伐採の脅威にさらされ続けている世界の森林を救うことを目的に、世界中の環境団体、林業者、木材取引企業、先住民団体などによって組織された非営利の会員組織。FSC森林認証の基準や審査手順の作成、認証機関の評価・認定・監督を行っています。 「環境保全に関して適切な配慮がなされ、社会的な便益に奉仕し、経済的にも持続可能な経営が行われている森林」に対し認証を与え、正当で良心的な森林経営者、管理者を支援します。認証された森林から出された木材・木材製品にはFSCのロゴマークがつけられて流通し、その商品の購入者も健全な森林育成の支援の輪に加わることができます。 認証を取得する為には、FSCが定める、原則、基準を全て遵守した森林管理を行い、厳しい予備審査、本審査を受け合格する必要があり、認証後も毎年、年次審査を、5年ごとに更新手続を行う必要があります。

FSC FM認証とFSC COC認証
FSC FM(Forest Management)認証とは、森林所有者、又は管理者を対象に、FSC10の原則に基づき、環境的、社会的、経済的に正しく責任のある森林管理がなされていることを認証する制度です。
FSC COC(Chain of Custody)認証とは、FM認証を受けた森林から伐り出された木材が、加工・流通の段階においても、他の木材と混ざることなく、正しく管理されているかを認証するものです。
青梅の杜は2008年5月にFSC FM認証を取得し、2009年6月にFSC COC認証を取得いたしました。
FM認証、COC認証の両方を取得したことによって、我々が丹精込めて育て上げた木が製品となり、消費者の手許に届くまでを直接見守ることができるようになりました。
今後ともFSCの原則、基準を遵守し、森林の適正な管理、認証製品の正しい流通に努めていきたいと考えています。
(2011年12月現在、COC認証を取得している製品は、板材、鉛筆、桶、木製家具、什器、木製雑貨です)


 FSC森林認証取得までの経緯
2006年
12月
  FSC森林認証取得について検討を開始
2007年
1月
  特定非営利活動法人日本森林管理協議会(Forsta)設立 記念シンポジウムに参加
2007年
4月
  国内における最初の認証取得者である『速水林業』を視察
2007年
6月
  認証取得を正式決定
2007年
6月
  Foresta に加入
2007年
8月
  予備審査 審査機関 「ソイル・アソシエーション」 アミタ株式会社
2008年
1月
  公聴会、本審査  審査機関 「ソイル・アソシエーション」 アミタ株式会社
  審査委員 : 富村周平 Milan Reška 小川直也 の三氏
2008年
5月
6日 FSC森林(FSC FM)認証取得 (認証登録番号 : SA-FM/COC-001891)
2009年 6月 3日 FSC COC本審査 審査機関 「ソイル・アソシエーション」  アミタ環境認証研究所
審査委員:山野下仁文氏
2009年 6月 24日 FSC COC認証取得 (認証登録番号 : SA-COC-00230)
2011年 4月 青梅の杜で森林環境保全活動を続けてきた特定非営利活動法人・ベルデを サイトパートナーとして、FSC COCマルチサイト認証を取得

FSC認定書 FSC認定書
認証登録番号 : SA-FM/COC-001891
認証発行日 : 2008年5月6日
認証更新日 : 2013年5月6日
有効期限  : 2018年5月5日
認証登録番号 : SA-COC-002230
認証発行日 : 2009年6月24日
有効期限  : 2014年6月23日